トップページ

プロジェクター.com


プロジェクターの種類と特徴

プロジェクターにはホームシアター用とビジネス等で使用するプレゼン用の2種類があり、それぞれが異なる特徴や魅力を持っています。
ホームシアター用の特徴としてプレゼン用と比較すると内臓されているファンの音が抑えられている事で映像の世界観や音楽の邪魔をする事がない事や動きの多い映像を映した際に見えるレインボーノイズが見えないようになっている事で動画を観る事に最適となっています。
また、家庭で使用される事を想定している事からHDMI端子等の入力端子が豊富となっている事で様々なメーカーの機器に接続する事が出来る利便性の高さも特徴として挙げられます。
プレゼン用のプロジェクターの特徴としてパソコンからデータや画像を出力する機会が多くなっている事で画面サイズがパソコン用に設定する事が出来るようになっている事やホームシアター用よりも出力が高くなっている事で大画面にする事が出来る事や明るい部屋でも文字や映像が明るく見やすくなっている事で大人数での会議で使用する事が出来るといった点が挙げられます。
それ以外にも使用用途がプレゼンとなっている事でコンパクトなサイズで持ち運びがしやすい商品が多くなっているといったあメリットがあります。

プロジェクターは性能がいいものを選ぼう

組織内部の研修や、外部から人を迎えての会議であったりあるいは研修などで重宝するプロジェクターは、可能であれば性能がいいものを選ぶほうが良いとされています。
ただ、そんなに頻繁に使用するものでは通常はないので、数年程度前のものであれば同じ機種でも使用に差支えはありません。
よくこのプロジェクターとスクリーンとをセットで販売している業者がいます。
セットなので割安で購入ができるというメリットがありますし、持ち運びに便利だという点もあるので、可能であればセットでの購入を考える方が、後々必要になった時に別に購入をするよりは安上がりで済みます。
このプロジェクターでは、パソコンなどの資料を映し出しますが、その接続方法は通常はUSBで行います。
この規格が合わないケースがまれにあるので、その点には注意が必要です。
特にパソコン側がUSB3.0の規格に対応している場合等が該当します。
転送スピードなどにそもそもほとんど問題がないケースばかりのはずなので、汎用性が高いものを選択する必要があります。
昔、映写機のようなもので映していた時代はすでに過ぎ去り、この機械が主流となっていますが、持ち運びなどの観点で選択をすることが重要です。

pickup

交通事故に遭った場合、一番大事なことは、「早い段階で治療をする」ことです。

中野 整体

院内はバリアフリー設計のため、車いすやベビーカーでもお越しいただけます。

小児歯科 中野

マツエク初心者の方も安心

池袋 まつげエクステ

ストーカー対策と防犯対策の無料相談も受け付けます

小型カメラ

cmertv ゴルフ動画 - YouTube

Last update:2015/4/13